一度きりの人生、すこーし欲をかいてみる~サラリーマン不動産投資ブログ~

家庭持ち30代後半サラリーマンが不動産投資で一度きりの人生、家庭に迷惑をかけないように少しだけ欲をかいてみる実践ブログ

はじめての物件見学その1

草食業者さん同郷業者さんの陰謀を暴いてもらい、感謝をしていると

 

草食業者さん「今から物件を見に行きますか?」

 

ひーやん「はい。是非是非」

 

と二つ返事。竣工前のため、同じ建設業者が建てたアパートを見て、イメージを掴んだ後に、建設予定地へいくことにになった。

 

まずは、建設済みのアパートへ車でGo。

 

車を近くの路肩にとめて、建設済みアパートへ行ってみると、築2年だけあって、きれいなアパート。

 

購入希望している物件の戸数は4戸だが、こちらの物件は6戸なので縮小版としてイメージすればよいそうな。

 

ぐるっ、とアパートの周りを回ってみると、ちょうど、半周回ったあたりのアパートの敷地に

 

敷布団が敷いてあった。

 

 

 

 

ひーやん「???・・・!?」

 

 

草食業者さん「風で飛んできたのかな?」

 

・・何という理由付けだろう。

 

周辺の戸建てから飛来したものだとすると、着地点までの距離が遠すぎるし、敷布団の痛みも激しい。明らかに誰かに打ち捨てられてるではないか。

 

ふとんが吹っ飛んだのか?悟空か?あ、実はそのツッコミ待ちのボケだったのか?

 

草食業者さん、ツッコめなくてごめん。恥ずかしい思いをさせてしまった。

 

さらに数メートル歩いていくと、防草シートが砂利から飛び出し、雑草が繁茂しているエリアに到着。

 

ひーやん「管理会社って、アパート周辺の清掃ってどのくらいの頻度でやってくれるんですかね?」

 

草食業者さん「会社によりますが、月に2回くらいですかね。管理会社は基本的に受け身なので、気になるところがあったら、ドンドン言ってみたが良いですよ」

 

 

なるほど。定期的に管理会社にはコンタクトをとった方が良さそうだ。

 

続いて、購入希望の物件の建設予定地へ向かう事に