ひーやんの欲張り不動産投資~You Only Live Once

30代後半家庭持ちサラリーマンのひーやんが、一度きりの人生を後悔しないように、不動産投資にチャレンジする体験記ブログ

2棟目物件 最終プラン

YOLO!ひーやんです。

 

6月15日(土)に2棟目の建築状況を確認してきました。

 

f:id:minetiru:20190618011013j:plain

 

やばいです。。。

 

マジで来月竣工しそう・・・

w(゜o゜)w

 

2棟目体験記の執筆を急ぎます!!

 

前回の記事はこちら

 

建築プランの詳細検討

黒神様の後ろ盾効果でフルローンも出ましたので、建築プランについて詳細検討を進める事にしました。

 

改めて、アルドルビー(建設会社)から出てきた初期プランは以下の通りです。

 

f:id:minetiru:20190612003038j:plain

 


初期プランを元に、お手製の間取り検討ツールを利用しながらプランの詳細検討を進めていきます。

 

 

1棟目の葛飾APで斜線制限に悩まされ、自分で散々図面を書いた経験もあり、今では改良元になるプランがあれば、自分で図面を書き、理想の間取りに近づけていく事が可能なレベルに達しています。

 

改良プラン

以下、初期プランから改良を加えた建築プランです。

 

f:id:minetiru:20190617234306j:plain

 

中央の鉄骨階段を可能な限り道路側にせり出し、道路斜線については天空率でギリギリかわせるレベルまでボリュームアップしてもらいました。

 

建築士さんは

 

足場が、足場がぁあああああ!!

 

と頭を抱えられていましたが、結果的には冒頭の写真の通り、何とかなったみたいです(笑)

 

また、間取りについては水回りを圧縮し、できるだけ居室を広くとれるよう改良も加えて、3部屋だけですが、WICも入れる事ができました。

 

最終プラン

改良プランでもそれなりに満足したのですが、数日たって見直すと、もう少し頑張ればトイレも独立できるような気がしてきました。

 

また、どうしても北側(図面上側)の居室のクローゼット(CL)が居室に出っ張ってしまっているのが気持ち悪くして仕方ありませんし、居室も7帖の壁を何とか突破したいです。

 

その後、cm単位で配置を変えていき、以下のプランを図面におこしアルドルビーに提示すると、それがそのまま最終図面になりました。

※エクセルでここまで精巧な図面をおこせるのは、もはや職人技とアルドルビーの建築士さんにも褒めて頂きましたv(^_-)v

 

f:id:minetiru:20190617234307j:plain

 

工夫に工夫を重ねた結果の間取りなので、モザイクをかけさせて頂きますが、これで6部屋とも7帖確保でWICつき。トイレも独立させる事ができました。

 

また、最後の詰めで、101~301の居室についてはキッチンに可動棚も備え付ける事もできました。

 

自分で言うのもなんですが

 

f:id:minetiru:20181110015849j:plain

完璧です

 

これ以上のモノはできません。

 

できあがった最終プランを黒神様にお見せしたところ

 

ひーやんさんは間取り構想力で相当すごいと思うナリ。建築士は賃貸に詳しくないから良いプランはなかなか出てこないナリよ。プランニングで優位に立てるのは、ひーやんさんならではの強みナリ。今度、我輩の物件のプランニングもお願いしたいナリよ

 

師匠からも賛辞のお言葉ヽ(=´▽`=)ノ。これは嬉しかったなぁ♪

 

プラン変更後の再見積もり

今回のプラン検討は、1棟目の葛飾APで私自身の練度が上がっていたのと、高度3種で北側斜線制限がゆるかっため、そこまで苦労せずに進める事ができました。

 

プランとしては満足がいくものができたので、プラン合意を進める事になりましたが、アルドルビーの営業の坂上さんから、ちょっと待ったコール。最終プランで再見積もりをとるとの事でした。

 

確かに、初期プランからすると延床面積が120平米→132平米と1割程度増えたので、普通に考えると建築費の3000万円の1割である300万円がコストアップになりそうなものですが、そこはファジーな建設会社のアルドルビー。

 

実は1棟目の葛飾APでは174平米→186平米と同じく12平米増えたのに、30万円のコストアップのみですんだ実績があります。

 

 

よって、今回も同じくらいのコストアップになるのかなぁ、と考えていると、営業の坂上さんより電話がありました。

 

プラン変更後の再見積もりの結果ですが・・・

 

この後、驚くべき結果がアルドルビーより伝えられるのでした。。。

(次回へ続きます♪ヽ(•̀ω•́ )ゝ)</p

続きの記事はこちら