ひーやんの欲張り不動産投資~You Only Live Once

30代後半家庭持ちサラリーマンのひーやんが、一度きりの人生を後悔しないように、不動産投資にチャレンジする体験記ブログ

土地探し~最大の難関~

どうも!ひーやんです。

 

さて、現時点までの2棟目購入体験記の整理作業も一段落しました。

 

不動産投資体験記

ボチボチ二棟目購入体験記の続編を進めていきます。

 

前回の記事はこちら

最大の難関・土地探し

当て物件を使ってさ●●●信金から現実的な条件での融資の内諾がおりました。

 

ようやく物件獲得のための前提条件が整いましたので、土地から新築投資法の次のステップである、マジで本気な土地探しがスタートです。

 

土地から新築投資法の最初のステップで、かつ、最大の難関は、なんと言っても土地探しです。

 

f:id:minetiru:20190420020231j:plain

 

目標は1棟目の葛飾APと同等、もしくはそれ以上の好立地・高収益の物件です。

 

 

通勤時間の往復180分をかけて、選定したエリアに焦点をあてポータルサイトで土地情報をくまなく探しますが、なかなか見つけることができません。

 

 

東京都23区のエリアだと見つからないので、範囲を神奈川まで広げて捜索をしていきましたが、それでも見つけることができません。

先輩大家さんのサポート

土地がなかなか見つからない私を見かねて、黒神様からは

 

整形地でボリューム入る土地を見つけたナリよ

 

GT大家さんからは

 

角地で安い物件見つけたよ

 

経営実践会の上村さん(仮称)改め、レゴリス大家さんからは

 

利回り9%超える見込みがある土地情報連携します

 

等など、めぼしい物件情報を連携いただいました。

 

不動産投資は人脈命。素晴らしい先輩大家さん方々を持つことができたのもの本ブログのおかげだとシミジミと感じました。

 

f:id:minetiru:20190420020231j:plain

 

ただ、現地調査を進めると需要と供給のバランスが崩れていたり、高度斜線が厳しかったり、立地的に癖がある土地だったりで、なかなか一筋縄ではいきません。

 

黒神様に相談の上、東京よりの埼玉まで範囲を広げる事にしましたが、土地勘がないため狙うべきエリアに照準が定まりません。どうしようかと思い悩んでいると、経営実践会の鈴木さん(仮称)が頭に浮かびました。

 

鈴木さんはエリア分析マスター。関東のエリア研究を綿密に実施されており、需要と供給のバランスが崩れている危険エリアを5段階わけた研究ノートを見せて頂いたこともあり、埼玉事情にも詳しかったはず。

 

早速、コンタクトをとってみました。

 

埼玉のおすすめエリアを教えてもらえますか?

埼玉なら任せて。狙うべき駅はずばり●●と◆◆と■■の3駅。ここは売却益もしっかり狙えるエリアなのでオススメだよ。中々美味しい土地はでてこないんだけど、時々ポロッとお宝が出てくるので、ウォッチする価値はあるかも

 

鈴木さんはこの●●駅で、土地から新築投資にて利回り10%の物件を2019年3月に竣工させています。

 

ということで、対象3駅を目を血走らせてマーキングを続けますが、お宝物件がそう簡単に出てくれるわけもなく。。。

 

そうそうたる先輩大家さんの協力を得ても、なかなか見つからない土地。

 

わかってはいましたが、土地獲得までの道のりは遠いです。。。

 

f:id:minetiru:20190420020231j:plain

 

ただし、さ●●●信金の融資姿勢が、いつ変わるかわからない状況ですので時間をかける事もできません。

 

信金さんからの業者紹介

約2ヶ月程度、土地探しを続けていると、さ●●●信金の担当である石田さん(仮称)から電話連絡がありました。

 

お久しぶりです、ひーやんさん。その後の土地探しの状況はいかがですか?

いやぁ、、、必死で探しているのですが、難航していますね

当金庫で提携している業者の紹介をして、土地探しのお手伝いをする事も可能ですが、いかがでしょうか?

おぉ、それはありがたい!!是非ともお願いします

 

まさか金融機関からこのような提案があるとは思っても見ませんでした。

 

融資内諾時の営業活動がそれなりに効果があったのかもしれません。

 


ただ、提案は嬉しかったものの、これまでの経験則上、業者から収益性が高い土地の提案がもらえる確率は低いです。

 

とはいえ、間口を広げて損はないということで、希望の土地条件を記載してさ●●●信金にFAX送信し、提携している業者に連携してもらった翌週。

 

事態は急展開を迎えていきます・・・
(次回へ続きます)

続きの記事はこちら