一度きりの人生、すこーし欲をかいてみる~サラリーマン不動産投資ブログ~

家庭持ち30代後半サラリーマンが不動産投資で一度きりの人生、家庭に迷惑をかけないように少しだけ欲をかいてみる実践ブログ

No.1は1物件1法人?

どうも!!ひーやん@サラリーマン不動産投資実践ブロガーです。

 

10月26日(金)。参加予定ではなかったのですが、急遽、不動産経営実践会のセミナーに参加してきました。

 

参加の経緯はこちら

 

 

会場は満室(100人くらい?)でしたが、運良く、最前列近くの1席が空いていたので、そちらの席に座らせて頂きました。

 

最新市況

いつものように、村上さんから最新市況についての情報共有がありました。

 

水戸大家さんやTATERUに引き続き、連鎖倒産が続く危険性があります。土地から新築投資をやっている方。竣工前に建設会社が倒産してしまう可能性があるので、要注意です

 

 

f:id:minetiru:20180319011437j:plain

ガッデム!!

 

 

突然、不穏な情報をぶっ込んできたので、一瞬、冷や汗をかきましたが、葛飾APの建設をお願いしているアルドルビーは着手金の100万円だけ払って、残金は竣工時、という財務的に余力がある建設会社。ほぼほぼ問題はありません。

 

ただし、2棟目もアルドルビーにお願いするとは限りませんので、建設会社にお願いする時は、財務状況や支払い条件の確認が必要です。

 

銀行融資をひくための事業計画書

竣工中の物件があるのにもかかわらず、1つの銀行で、立て続けにもう1件の融資をひいた方が、ご自分の事業計画書についての説明をしてくれました。

 

ちなみに、説明をされた方は、首都圏不動産投資実践会の1周年アワードパーティの5人の受賞者のうちの1人です。

 

 

 

この方の事業計画書で驚いたのは、収支計画のグラフで、25年目に訪れるデットクロスを描かれていた点です。

 

このようなマイナスになりそうな赤裸々情報は、金融機関には提出しないでおこうと考えそうなものですが、事業計画書には収支計画のグラフの後に、デッドクロスを回避する施策(減価償却の繰り延べ等)が記載されていました。

 

デッドクロスは遅かれ早かれ迎えるものなので、そこは隠さずにオープンにし、対策を述べる方が、むしろ計画性は高いと金融期間に評価される(かもしれない)と気付かされました。 

No.1を探せ!!

今回の企画は

 

f:id:minetiru:20181028233311j:plain

No.1を探せ!!

 

でした。

 

6人1組のグループになり、自己紹介をしていき「すごい」と思った方を指差し、6人の中でNo.1になった方が、セミナー会場全員の前で自己紹介をする

 

という企画です。

 

1周年アワードパーティで

 

経営実践会は会員さんが横のつながりをもつ事で、シナジー効果を出していきたいです

 

と村上さんは話されていたので、その一環なのでしょう。

 

さっそく、グループワークが始まりましたが、私の経歴は少し特徴がある事もあり、No.1に選ばれました。

 

しかも、1グループ目だったので、全員の前での自己紹介も一発目。ちょっと緊張してしまいました。

 

全員の前での自己紹介後、村上さんが

 

ひーやんさんをご存知の方いますか?

 

との質問を、無邪気に会場の皆さんに投げかけましたので、これには冷や汗をかきました。 

 

f:id:minetiru:20180817014535j:plain

知らない人ばっかりだったら

恥ずかしいじゃん

 

 

と思って会場を見渡すと、2割~3割の方が挙手をしてくれていましたので、何とか辱めを受けずにすみました(笑)

 


その後も、1周年アワードパーティで受賞された鈴木さんf:id:minetiru:20180110014441p:plainや、同じく受賞者のK氏等、なるほど、No.1に選ばれるなぁ、という方が自己紹介をされていました。

 

そんな中「逆にすごい」という理由でNo.1に選ばれた方がいらっしゃいました。

 

その方は、某三為業者から1年近くで7棟のアパートを1物件1法人スキームで購入されている方で、業者の言われるがままにハンコを押していったら、今の状態になっていた、と、何とも困った状況の方です。

 

ただ、不幸中の幸い。7棟とも全室満室経営中なので、自分の状況に気づかれた今、必死で頑張れば、リカバリが図れるかもしれません。

 

1物件1法人スキーム

1物件1法人スキームですが、右も左もわからなかったちょうど1年前に、1記事だけブログに書いたことがあります。

 

1物件1法人記事

 

実は最近、この記事を見た、全国●●新聞社の方がfacebook経由で私にインタビューをしたいとコンタクトをとってきました。

 

f:id:minetiru:20181028233301j:plain

 

「このスキームで融資を受けたオーナーは責任をとらなければならなくなるでしょう」

 

と、矛先が業者でなく投資家に向かっているのを聞いて、違和感を感じました。


私のブログの中身をみて、投資家に矛先がいく理由が見当たりません。インタビューを受け、その旨(業者に矛先を向けろ)を伝えてみましたが、インタビュー後の最後のやりとりで、、、

 

 

f:id:minetiru:20181028233258j:plain

 

 

 

・ 

 f:id:minetiru:20180810011632j:plain

 

 

完全に書きたい記事を書くためのインタビューじゃねぇか。。。。

 

さすがにこれにはイラッщ(゜ロ゜щ)としました。

 

1物件1法人スキームで被害を受けて、何とかそこから脱出しようと頑張っている人もいるんだから、そっとしといてあげてよね・・・

  

セミナー終了後の出会い

セミナー終了後、思いもよらない方から声をかけて頂きました。

 

いつも、ブログ見てますよー

ありがとうございます!!

たまにコメント書かせて頂いています

コメント、、、、ですか?

チョーコクというものです

おぉ!!あなたが・・・


なんと、チョーコクさんが不動産経営実践会のマンスリーセミナーに参加されていました。ブログにコメント頂いていたので、不動産投資を始めようと活動されてるのは知っていましたが、まさか、このコミュニテイ(不動産経営実践会)に入会されているとは思わなんだです。

※チョーコクさんのブログはこちら

 

 
チョーコクさんとは短い挨拶で終わってしまい、詳しい話はできませんでしたが、ブログから察するに、かなりの勉強家で秀才肌なので、良い投資仲間になれれば良いなと思っています。


その後も、複数の実践会の方に声をかけられ、立ち話が長くなりそうだったので、会場近くのルノアールに向かい、私の知っている知識や考え方を時間の限り、レクチャーをしてさしあげました。

 

それにしても、ブログをしていると色んな出会いが続くものです♪

 

次回のマンスリーセミナーは11月28日(水)。本業の大きなイベント日なので、参加できるかどうかはわかりませんが、今回みたいなミラクル(会議中止)がおきる可能性があるので、参加申込みはしておこうと思います。