一度きりの人生、すこーし欲をかいてみる~サラリーマン不動産投資ブログ~

家庭持ち30代後半サラリーマンが不動産投資で一度きりの人生、家庭に迷惑をかけないように少しだけ欲をかいてみる実践ブログ

不動産投資以外の投資状況

どうも!ひーやん@不動産投資実践ブロガーです。

 

以下のブログに記載していますが、2017年は不動産投資の傍ら、タネ銭稼ぎのためにソーシャルレンディングや仮想通貨、IPOに投資を行いました。

 

 

現在の投資状況ですが、それぞれ、以下のような状況です。

 

不動産投資以外の投資状況

ソーシャルレンディング

拘束期間が長いので、タネ銭集めには不向きと判断しています。

 

再投資には回さず、資金の引き上げを進めていたところで、グリーンインフラレンディングの一部のファンドが期失(期限の利益喪失)状態に遷移

 

あと1ヶ月で償還予定だったのですが、、、

 

少しは返金されると良いのですが、、、うーん・・・・

(;´д`)=3

 

ソーシャルレンディングでは分散投資を徹底していましたが、他のファンドで得た利益が完全にもっていかれてしまいました。

 

仮想通貨

MobileGoを引き続き保持しています。草コインが軒並み焼き払われてしまうという時代の流れもあり、儲けは吹っ飛んでしまいましたが、この仮想通貨、なかなか面白いです。

 

今年(2018年)の7月には、広報担当(コミュニティマネージャー)のJackが

 

「ワテ、一生懸命働いているのに、会社がお給料払ってくれないねん。。。。CEOのSergeyはボランティア活動に精を出しているし、何がしたいか、さっぱりわからへん。。。。。みんなからは、詐欺コイン詐欺コインや言われるし、、、もう嫌やぁ!!

 

ストレスを大爆発させ、思いの丈をSNSへぶちまけるという、広報担当といてあるまじきクレイジーな行動をきっかけに、MobileGoの組織の内部分裂が発生するというオモシロ事件が発生しました。

 

その後、内部分裂騒動が収まってきて、活動も再開され、価格も事件前の状態まで戻ってきたなと思っていたら、つい先日、9月28日にLiqui(ウクライナ仮想通貨取引所でMobileGoの最初の上場先の取引所)から上場廃止されるという発表がありました。

 

仮想通貨取引所上場廃止は怖くて、上場廃止の猶予期間(今回のLiquiだと10月13日)を過ぎると仮想通貨自体が引き出せなくなる(消失する)という鬼裁量が発揮されてしまいます。

 

私は先日、MyEtherWalletに引き上げたものの、この仮想通貨、どこの取引所で売ればよいのだろうか・・・

 

ふふふ。。。もはや死ねば諸共みたいになってきました。

(`・∀・´)

 

IPO

2017年の1年間で150万円弱の利益が出たため、費用対効果が一番高い(リスクが極小なので)投資だと感じたため、2018年のタネ銭稼ぎの主軸として投資中です。

 

IPOの銘柄、BB開始日~BB終了日、取扱証券会社といったインプット情報を元に、銀行・証券口座の口座間の金額移動を計算してくれるような自前のツールを作成し、銀行振込と抽選込を淡々と進めればよい状態にしています。

 

そう、、、淡々とIPOの申込みを続け、ガッポガッポと儲けを出すつもりでいたのですが、2018年は確率論的におかしな事になっています。

 

2017年は815回応募して7回当選。当選確率は0.86%です。

 

2018年は現時点で633回応募していますが、当選回数は何と0回・・・

 

2017年の当選確率を採用すると633×0.86%≒5回は当選しても良いものですが、、、、どうしたもんでしょう?

 

IPOの申込人数が増えたのか、、、それとも証券口座を作った初年度は当選確率が上がる、みたいなカラクリが裏にあるのか・・・・

 

まぁ、めげずに申込みは続けてみます♪

 

まとめ

今年は、不動産投資以外の投資状況は芳しくありません。

 

神様が「不動産投資に集中せい!!」とおっしゃってるのですかねー

(o´-ω-`o)