一度きりの人生、すこーし欲をかいてみる~サラリーマン不動産投資ブログ~

家庭持ち30代後半サラリーマンが不動産投資で一度きりの人生、家庭に迷惑をかけないように少しだけ欲をかいてみる実践ブログ

視野を広げて、居室を拡げる

どうも!ひーやん@サラリーマン不動産投資実践ブロガーです。

 

3連休の後半2日間ですが、ひーやんファミリーは御殿場にキャンプに行ってきました。

 

標高600m程のところにあるキャンプ場なので、下界に比べて多少は気温は低い事を期待して向かいましたが、、、、

 

 

 

 

 

 

f:id:minetiru:20180716235605j:plain

 超絶暑かったです

 

 

親の仇かというくらい燦々と降り注ぐ太陽光に、全身の汗腺が張り切って応え、ものの1分で汗ダクダクです。

 

ただねー、、、ヒーヒー言いながら設営したタープの下で、キンキンに冷えたビールを飲みながら、草原で楽しそうに走り回る娘達の姿を見ると、、、、

 

また来ようかなーと思ってしまうんですよねー、これが(^.^)

 

さて、間取り検討が続いている葛飾AP体験記の続編です。前回の記事はこちら

 

 

葛飾AP土地決済編はこちら

 

現状の3Fの間取りについて

黒神流奥義、水回狭小居室角拡大術を適用する事で、1F、2Fの間取りは大幅な改善を図りました。

 

問題は3Fです。現状の間取りは以下となっています。

f:id:minetiru:20180712230031j:plain

 

 

全居室、5帖しかとれておらず、303号室は母屋下がりの影響で図面よりも狭く感じそうです。

 

早速、黒神様のアドバイスに沿って、301/302号室を検討してみます。

~301/302号室 before~

f:id:minetiru:20180716235600j:plain

 

~301/302号室 after~

f:id:minetiru:20180716235559j:plain

 


1F、2Fと同様に、水回りの配置を改善する事でウォークインクローゼットを配置し、301号室のクローゼット分を302号室の居室とする事で、302号室の居室を6帖確保する事ができそうです。

 

続いて、問題の303号室です。

~303号室 before~

 

f:id:minetiru:20180716235602j:plain

~303号室 after~

 

f:id:minetiru:20180716235601j:plain

 

 

キッチンの通路幅をギリギリまで狭くする事で、居室を広げようとしたナリが、、、かなり厳しそうナリ

 

通路幅は一般的には

 

  • 90cmあれば十分余裕がある。
  • 75cmでも、単身者向けには問題無い
  • 60cmは狭すぎて生活に支障を及ぼす

 

とされており、改善案の通路幅は70cmを切ってしまっています


北側高度斜線にイジメられた303号室黒神様の力をもってしても抜本的な改善はできなさそうです。


何か改善できるアイデアは無いかと考えた時に、ふと頭をよぎったのが売買契約前にKaito建設プランで検討した「母屋下がりの有効スペース活用」です。

 


この案が利用できれば、以下のように図面左側(北西側)に少しボリュームアップが図れるかもしれません。

 

~303号室 future~

f:id:minetiru:20180716235603j:plain

 

早速、黒神様から頂いた間取り改善イメージ図に加えて、3Fのボリュームアップ案の検討をアルドルビーに打診してみました。
(次回へ続きます♪)