一度きりの人生、すこーし欲をかいてみる~サラリーマン不動産投資ブログ~

家庭持ち30代後半サラリーマンが不動産投資で一度きりの人生、家庭に迷惑をかけないように少しだけ欲をかいてみる実践ブログ

アルドルビー vs Kaito建設

どうもー!ひーやん@サラリーマン不動産投資実践ブロガーです。

 

以前、近況ブログでも触れましたが、5月のGWくらいから、ダイエットを始めています。

 

 

毎年5月~7月末までの3ヶ月間を減量期と定めているのですが、77kgから始めたダイエットは、今のところ74.5kg。目標が72kgなので、おおよそ順調に推移しています。

 

ただ、昨年も感じたのですが、体重は痩せていっているのに、どうしても顎の下のたるみが残ってしまっています

 

2年くらい前迄は、体重が落ちると共に、顎の下の肉もシャープになっていたので、何故だろうな?と調べてみると、どうやら表情筋という筋肉が衰えてしまっている事が原因で「たるみ」として残ってしまうようです。

 

 

 で、ちょっと前から気になっていたのですが、妻がボディーブレードのようなものを口に加えて鏡の前でブンブン振っていた「PAO」というものが表情筋を鍛える器具だったので、本日、私も試してみました。

 

これ、、かなり効きますね。完全に読者層が異なると思いますが、一応、紹介しておきます(笑)

 

 

とりあえず、減量期間中の7月末迄、朝と晩に3分程、ブンブン振ってみようと思います。

 

さて、今回も葛飾AP体験記 土地決済編の続編となります。前回の記事はこちらとなります。

 

葛飾AP体験記 土地決済編シリーズは以下にまとまっています。

 

アルドルビー提示の建築プラン

黒神様のメイン建設会社であるアルドルビーから、とうとう建築プランと概算見積もりが提示されました。

 

建築プランは以下の通りです。比較のため、Kaito建設の提示プランも再掲します。

 

1F/2F Kaito建設 プラン

Kaito建設の1F/2F の建築プランを再掲します。

f:id:minetiru:20180520232902j:plain


1F/2F アルドルビー プラン

 アルドルビーの1F/2F のプランは以下となります。

f:id:minetiru:20180610223200j:plain

 

各居室とも21平米、かつ、6帖確保で十分です。また、101/201については間取り改良の余地があります。

 

1F/2FはKaito建設とビルドアート、互角です。

 

3F Kaito建設 プラン

Kaito建設の3Fのプランは以下です。

 

f:id:minetiru:20180610224612j:plain

 

3F アルドルビ ープラン

f:id:minetiru:20180610223203j:plain

 

3Fは残念ながら3戸とも16平米です。5帖は確保できているものの、301、303は3点ユニット。残念ながら、3Fについては、Kaito建設にはプランの面で負けています

 

アルドルビーの概算見積もり

建築プランについては、Kaito建設が一歩リードです。

 

Kaito建設からは4580万円(地盤改良除く)で見積もりをもらっていますが、黒神様のメイン設計会社であるアルドルビーはどの程度の見積もりを出してくるのでしょうか?

 

Kaito建設は、葛飾区で別のアパート建築を受注しているため、特別価格である事は間違いないです。

 

それに対し、アルドルビーは特別なモチベーションはなく、一発目の見積もりとなります。地盤改良除いて4700万円、黒神様の紹介パワーで4600万円くらいになるのかな?と予想していました。

 

私の中の懸念として、アルドルビー提示の概算見積もりが4600万円と僅差だった場合に、黒神様の折角のご紹介を断る必要が出てくる事です。

 

アルドルビーからは4700万円の概算見積もりが出てきて、穏便にKaito建設へ発注できるのと良いですが、、、

 

という事で、黒神様経由で提示された概算見積もりのpdfファイルを開いてみます。

 

 



f:id:minetiru:20180219235354j:plain

これは・・・

 

 

 

概算見積書には

 

 

「4450万円」

 

 

という金額が記載されています。

 

信じられません。。。。。特別価格で提示しているKaito建設の4580万円を価格面でブッちぎっています。

 

ただ、プラン自体はKaito建設の方が良いですし、営業の竹下さんも非常に好感触です。

 

うーーーーーん、、、、、

 

悩むー・・・・・( ̄へ ̄|||) 

(次回に続きます)