一度きりの人生、すこーし欲をかいてみる~サラリーマン不動産投資ブログ~

家庭持ち30代後半サラリーマンが不動産投資で一度きりの人生、家庭に迷惑をかけないように少しだけ欲をかいてみる実践ブログ

建売業者の先を越せ!!

最初にポチッと応援よろしくお願いします。
ブログ書く励みになります\(^o^)/

にほんブログ村

可能であればそれぞれクリックお願いしますm(_ _)m
※クリックしたら絶対戻ってきてね!!

今回の質問内容

今回は首都圏不動産投資実践会マンスリーミーティングーの12月開催分の参加レポートです。


少しボリュームがあるので、前編・後編でわけて記載しようと思います。
※前回の記事はこちら

www.ichiyoku.net

 

12月開催のマンスリーミーティングの目玉はなんといっても「大忘年会」です。

 

前半は不動産投資の市況説明と公開コンサルが行われるのですが、後半はマンスリーミーティング参加者での忘年会が開催されるのです。

 

大家仲間の人脈を作る貴重な機会ですので、勿論、参加希望を出しました。

 

また、公開コンサルは11月開催分で当選したので、さすがに2度続けてコンサルは受けれないだろうなと思いながらも、希望はしてみました。

 

質問は

 

 未公開の良い土地を仲介業者に紹介してもらうために良い方法はないか

 

という内容にしてみました。

 

収益性の高い木造アパートを建てるのに適した土地は、私のようなエンドが見える物件サイトにポロポロと出てきます(99%黒神様が見つけてくれるのですが・・・)

 

ただ、サイトで土地を見つけて、資料請求し、ボリュームチェックを建設会社にお願いしてる間に、建売業者に先に買付を入れられて売り止めになってしまう、という状態が続いてしまっています。

 

建設会社から聞いた話ですが、レインズに登録された後、サイトに掲載される広告用資料を作り、サイトに登録するまで3日~5日程かかるらしいです。

 

なので、私のようなエンドが物件情報を見た日の3~5日前に、宅建資格をお持ちの業者様はレインズにて物件情報を得ているわけです。

 

これでは検討期間で競り負けてしまいます。良い土地は業者に流れるのは仕方ありません。

f:id:minetiru:20180110234418p:plain


そんな業者に勝つための対応策としては、良い土地を自前のボリュームチェックの結果を元に満額買付を入れてしまう方法ですが、さすがにリスクが高いです。

 

買付証明書は法的効力はないため、買付をキャンセルする事も可能ですが、道義的な問題がありますし、キャンセルした仲介さんとは縁が切れてしまいます。

 

まぁ、、、1年で何回も同じ仲介から物件を購入する事はないため、バンバン買付入れ、ボリューム入らなかったらサクッとキャンセルを入れるというのもありだとは思いますが、ちょっと性に合いそうもありません。

 

もし、公開コンサルを受けられたら、是非とも良い方法を教えてもらいたいものです。

 

マンスリーミーティング当日

今回のマンスリーミーティングは赤坂での開催です。金曜日の18時開始なので、会社には事前に早退の届け出を出しておきました。

 

会場に到着後、受付の女性に名前を告げ、名簿に記名して頂きました。

 

前回と違い、「公開コンサルで壇上に上がって頂きます」という告知がなかったため、今回は公開コンサルを受けられないようです。うーん。残念。

 

着席すると、続々と人が入ってきました。前回(11月開催)よりも、だいぶ人が増えている気がします。総勢100名はいるんじゃないでしょうか?

 

18時となり、マンスリーミーティングの開催です。

 

どうも、村上です

 

さて、まずは村上さんから不動産業界の市況についての説明。その後、公開コンサルの時間になりました。

 

公開コンサルが始まり、スクリーンに投影された質問に目を疑いました。

 

 「建売業者に買付で先を越されて悔しい思いをしています。非公開の良い土地を仲介業者に紹介してもらうために良い方法はないでしょうか?」

 

私の質問内容と全く同じです。奇遇にも同じ悩みをもってる人がいたのです!!

 

こちらの質問者はH(エイチ)さんですね。質問された方はいらっしゃいますか?

 

誰も手を挙げません。。。

 

まだ、到着されていないのですかね・・いらっしゃれば壇上に上がって頂けますか?

 

 

H?ひーやん!?これ、私じゃん!?

 

 

あ、はい!!ひやんです!!

壇上に上がるのは嫌ですか。それでは自席からの質問で結構です。

(え・・・?)

 

・・・・しまった!!!

「ひやん」のHと「ん」の発音が弱すぎた!!

 

「あ、はい!!ひやんです」→「あ、はい!!いやです!!」と誤聴されてしもうた

 

気づけば「嫌がるなら何でお前、公開コンサル希望したんだよ?空気読めねぇなコイツ」という感じに会場が包まれてしまっています。なんてこったい。

 

まぁ、いっか。。。。なんか説明するのも変だし。。。

 

という事でその場で質問です。

・・・という事で、未公開の土地情報をエンド掴むための良い方法を知りたいです

そうですね。やっぱり仲介業者に覚えてもらうのが大事ですね。

具体的にはどうやったら、覚えてもらえますか?

二番手でも良いの買付を入れるのが良いと思います。買付を入れてもらうと、さすがに仲介業者も覚えてくれますよ

 

なるほど。確かに買付が入って売り止めになってしまったら、そこで諦めてしまっていましたが、1番買付が流れたら、声をかけてくれ、と言って買付を出してしまい、覚えてもらう方法をとるのも良いのかもしれません。

 

今回は自席からの質問となったため、ワンターンのやりとりで公開コンサルが終わってしましました。

 

色々と聞きたい事があったので、壇上できっちり公開コンサルを受けるべきでした。いやはや、悔やまれますハァ━(-д-;)━ァ

 

次回は首都圏不動産投資実践会の大忘年会についてのレポートとなります。