一度きりの人生、すこーし欲をかいてみる~サラリーマン不動産投資ブログ~

家庭持ち30代後半サラリーマンが不動産投資で一度きりの人生、家庭に迷惑をかけないように少しだけ欲をかいてみる実践ブログ

立ちはだかる擁壁

最初にポチッと応援よろしくお願いします。
ブログ書く励みになります\(^o^)/

にほんブログ村

可能であればそれぞれクリックお願いしますm(_ _)m
※クリックしたら絶対戻ってきてね!!

擁壁やり直し?

前回の記事の続き

www.ichiyoku.net

 

擁壁やり直しも不要そうで、建築費の目安もわかったので、早速、買付をするためラガー業者さんへ電話


ひーやん「建築費が出て、擁壁やり直しも不要みたいなので、買付を入れたいと思います。所定の買付証明書とかありますか?」

 

ラガー業者さん「擁壁やり直し不要、というのは建築士さんの判断なんですか?」

 

ひーやん「はい。地盤も硬そうですし、杭打ちだけでいけるんじゃないかと」

 

ラガー業者さん「そうですか・・・・」

 

ひーやん「何か擁壁で気になる事があるんですか?」

 

ラガー業者さん「・・・正直に言います。実はウチの会社の建築課の判断だと、北西側の公道の部分で、一方後退によるセットバックが必要となりそうです」


ひーやん「一方後退?」

 

ラガー業者さん「はい。そうなると、西側の擁壁のやり直しが必要です。西側の擁壁だけやり直すと全体の強度が弱くなるので、南側の擁壁のやり直しも必要になる可能性が高いです」

 

ちょっとわかりづらいが、図示するとこんな感じ。

f:id:minetiru:20171219014906p:plain

 

ちなみに、南から見た擁壁のイメージはこんな感じ(再掲)

 

f:id:minetiru:20171210214333p:plain

 

 

ひーやん「マジっすか・・・・・南側の擁壁もやり直しが必要なんですか」

 

ラガー業者さん「西側・南側の擁壁を全面やり直しすると1000万円は超えると思います」

 

ひーやん「・・・・」

 

ラガー業者さん「業者さんであれば、どうぞどうぞと売ってしまうのですが、個人の方だと・・・ご家庭もおありなので。おやめになったが良いと思います。良い土地が出たら紹介しますんで」

 

ひーやん「・・・でも擁壁やり直しは確定ではないんですよね?」

 

ラガー業者さん「確定ではないですが、、、」

 

ひーやん「わかりました。可能性があるなら諦めないです。建築士と今の情報を加味しつつ、検討してみます」

 

ラガー業者さん「ただ、戸建ての建売業者が買付を入れようとされているので、時間的な猶予はないですよ。ただ擁壁の件でこちらも悩まれているみたいですが」

 

ひーやん「もし、建売業者から買付が入った場合、すぐに教えて下さい。リスクとってこちらも買付出すので」

 

一方後退

自宅へ帰り、一方後退によるセットバックついて調べてみた。通常のセットバックと一方後退によるセットバックは以下のような違いがあるようだ。

 

f:id:minetiru:20171219015518p:plain

 

 GoogleMapで敷地の西側道路の敷地から向かい側を見てみると、確かに崖になっている。これか。。。。でも、現況測量図を物差しで測ってみると、ギリギリ大丈夫な気がしないでもない。

K社社長へ相談

擁壁のやり直しの要否がわからなかったので、建設会社のK社社長へ相談する事に。

 

ひーやん「カクカクシカジカで、一方後退におけるセットバックの影響で西側擁壁のやり直しが必要になる可能性がある、との事ですが、どうなんでしょうかね?」

 

K社社長「少々お待ち下さい。GoogleMapで見てみますね・・・・うーん、GoogleMap見た感じだと既にセットバックしてそうですね」


ひーやん「おぉ、それでは西側の擁壁やり直しは必要ないと?」

 

K社社長「一応、明日、現地行って測量してきますよ。現地見るのが間違いないので」

 

という事で、K社社長の現地調査結果を待つことに。

 

これで、擁壁のやり直しが必要でなければ、ラガー業者さんは市場価格よりかなり低い値段で売りに出してしまっている事になる。

 

擁壁よ我への刃とならず、我の盾となれヾ(д´◎)