一度きりの人生、すこーし欲をかいてみる~サラリーマン不動産投資ブログ~

家庭持ち30代後半サラリーマンが不動産投資で一度きりの人生、家庭に迷惑をかけないように少しだけ欲をかいてみる実践ブログ

105万円ゲットォ!!

 投資相談会において、1法人1物件や3物件同時購入の話など、グレーな話しが多かったが、1点だけ、非常に身になる話を聞けた。それは

「消費税還付」

である。

投資相談会中にポーカー業者さんが物件購入後に税理士も斡旋します、と言ってきたので、税理士を雇う費用が勿体無いし、自分も会計の知識があるため、勉強のためにも自分で確定申告等をする予定である旨を伝えた。

 

すると

ポーカー業者さん「税理士さんを雇わないと消費税還付が受けれないですよ?」

ひーやん「消費税還付?なんですか、それは?」

ポーカー業者さん「物件の建物価格には消費税が含まれているので、それを取り戻せるんです」

ひーやん「!?そんな事ができるんですか?」

ポーカー業者さん「昔は物件購入時に自動販売機を立てる事で、簡単に消費税還付が受けられてたんですが、税制改正でできなくなってしまって。。」

ひーやん「?ほうほう」

ポーカー業者さん「でも、今でも金の売買を行う事で、消費税還付を受けられるんですよ」

ひーやん「??」

ポーカー業者さん「ただ、一過性の金の売買だと税務署から指摘を受けてしまうので、3年は金の売買を繰り返し続ける必要があります。それが、すごく手間がかかるので、個人でやるのは非現実的なんです」

ひーやん「???!?」


全く意味がわからない。。。。。

ポーカー業者さん「消費税還付をできる税理士さんは不動産に詳しい税理士さんの中でも、できる方はかぎられていますので、物件購入の際はご紹介させて頂きます」

ひーやん「結果的に、いくらくらい還付されるんですか?」

ポーカー業者さん「建物価格の5%程度です。そのうち3割程度が税理士さんの報酬になります。なので、6000万円の物件で建物価格が3000万だとすると、その5%である150万円が還付されて、そのうち税理士さんには45万円支払うので、105万円が手取りになります」

 

(☆Д☆)105万円!!


なんと、、、では税理士費用が月1万5000円で年間18万円だとしても、6年分程度の税理士費用が賄えるではないか。

ポーカー業者さん「今後、法人で規模を拡大していきたいのであれば、税理士さんとの繋がりは重要だと思います」

むむむ。なるほどー。。。

自宅に帰って調べてみると、消費税還付の情報が出てくる出てくる。

 

fudousan-onepercent.com


消費税還付自体はグレーでも何でもなく、合法のもの。新設法人での一棟目購入では還付を受けない手はないらしい。

 

やっぱり、行動すればするほど、色んな情報が得られるなぁ。行動あるのみ。