一度きりの人生、すこーし欲をかいてみる~サラリーマン不動産投資ブログ~

家庭持ち30代後半サラリーマンが不動産投資で一度きりの人生、家庭に迷惑をかけないように少しだけ欲をかいてみる実践ブログ

不動産投資 おすすめの本

 

ブログ中に散発的に記載した不動産投資でおすすめできる本の書評をまとめてみました。

 

不動産投資関連の本は30冊以上は読んでいますが、自信を持っておすすめできる本を厳選してみました

 

これから不動産投資を始める人向けの本(初心者向け)

これから不動産投資を始めてみよっかなぁ~と考えている人向けの本のご紹介となります。

世界一やさしい不動産投資の教科書 浅井佐知子著

本当に不動産投資の初歩の初歩を理解したい人向けの本となります。

 

本の中では、一棟目は現金購入を薦めており、不動産投資の醍醐味であるレバレッジを効かせるメリットを享受できるまでに時間がかかりそうな印象です。

 

但し、Home'sの賃貸需要ヒートマップなど、物件選定する上で必須なサイトも体系的に紹介されているので、一読の価値はありです。

※賃貸需要について記載した記事は以下となります。

www.ichiyoku.net

 

 

不動産投資を始めようかな、と考えている人は、まず読んで見る事をお薦めします

 

 不動産投資1年目の教科書 玉川陽介著

多角的に不動産投資をとらえる事ができる、非常に優れた本です。

 

IRR(自己資金で見た運用利回り)等の指標値の説明も実例を元に詳しく記載があり、法人での不動産投資という考え方があるのも、この本で始めて知りました。

 

何よりも付録の収益計算シミュレーション用のエクセルが素晴らしい!!コストパフォーマンス最高です。

 

不動産投資を始めて間もない頃、試しに表面利回りが高い築古アパートの収益計算シミュレーションをする事で、デッドクロスという状態を発見し、ヒヤリとさせらました。

 

当時の具体的な記事は以下となります。

www.ichiyoku.net

 

付録の収益計算エクセルは、数十年後まで見据えた不動産投資の収益シミュレーションが可能です。これで業者の口車に乗せられなくて済みます

 最速でお金持ちになる絶対法則 紺野健太郎 著

著者のサクセスストーリーに心が弾み、夢を見れます(笑)。私は一日で読破しました。

 

物件を探すよりも前に、自分がどのような融資を受けられるかを優先して進めるべき、という考え方を元に規模拡大の方法を記載した本です。この本を読めば、融資戦略の重要性を学ぶ事ができます。

 

複数の収益物件を持ちキャッシュフローを安定させる事で、突発性のコストリスクに対応できる、という考え方が本の中で具体的な方法と共に展開されており、収益物件は複数棟所持する事が必要である事が理解できました。

 

また、楽待や健美家といった物件検索サイトの特徴も、わかりやすくまとめられています。

 

不動産投資で稼いた不労収益でセミリタイヤ。悠々自適な生活を送っている紺野さんは羨ましい限りです

 

 

金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人 重吉勉 著

<

レバレッジの黄金率により、リスクのバランスをとりながら、複数の収益物件から得られるキッシュフローを元に、集中して1棟づつ繰り上げ返済していく事で、中長期かけて、資産拡大していくという、固く、かつ、再現性が高い投資方法が紹介されています。

 

計画的な借入と規模拡大で「不動産投資で成功する人」になりましょう!

 

 

不動産投資の嘘 大村昌慶 著

不動産購入~出口(売却)までをスナップショットではなく、ビデオで見て、収支シュミレーションをする事の重要性を学ぶ事ができます。

 

物件売却迄を見据えず、ふんわりと不動産投資を始める事の危険性を訴えかけた本です。

 

物件評価をするための市場分析方法や投資指標を利用しての分析手法など、具体的な手法の紹介が富んでおり、これから実際の候補物件を選定する際に重宝する内容がギッシリです。

 

こちらの本を参考に 投資指標について書いた記事は下記です。

 

www.ichiyoku.net

 

私は本の中で紹介されている投資指標の計算式をエクセルにして、物件評価時に算出できるようにしています。客観的・定量的な物件評価ができるようになりますよ

 

不動産投資を本格的に始める人向けの本(中級者向け)

不動産投資の本を何冊か読んで、本格的に不動産投資を始める決意を持った人向けに、おすすめできる本のご紹介です。

 

とにかく妻を社長にしなさい 坂下仁 著

妻を法人会社の代表にして、副業禁止のサラリーマンも様々なメリットを享受しよう、という趣旨の本となります。

 

銀行から融資を引く際に、サラリーマンの夫が保証人、または連帯債務者となる事で夫自身が融資を引くのと同様の条件で融資を引けるという事が記載されています。

 

デメリットは妻自身が銀行融資の打ち合わせに直接出向いて、事業企画書の説明をしなければいけない事くらいです。

 

但し、この本でも説明されていたが、プライベートカンパニーを設立する際の最大の難関は、妻の説得です。

 

私がこの本を読んで、実際に妻を説得した時の記事は以下となります。

www.ichiyoku.net

 

法人を設立する事で、経費計上の幅が広がりますので、サラリーマン本業の所得が多い方は迷わず法人での不動産投資をおすすめします

 

首都圏で資産を築く!王道の不動産投資 村上俊介 著

私が不動産投資を進める上でのバイブルとしている本です。この本のおすすめ度はNo1です。神本ですね。

 

まず、デットクロスの事が第一章でドドンと描かれています。初心者向けと言われている不動産投資の本には、デットクロスの事は単語程度しか書かれていません。

 

このデットクロスを理解する事が、不動産投資を進める上で、いかに重要か。それをわかっているからこそ、第一章に具体的な事例を元に大々的に取り上げてくれています。

 

また、個人属性を利用した規模拡大は銀行融資で頭打ちになるため、最初から法人で事業性融資をひくことで、法人としての不動産経営の実績を作り、黒字化する事して、規模拡大を進めていく事を推奨しています。

 

また、村上俊介さんの本の中では「セミプロ投資家になれ!!カモネギ投資家になるなかれ!!」と謳っています。

 

カモネギ投資家は、アパートメーカーが土地を仕入れ、業者が建物を建て、売りに出されたものを購入する。セミプロ投資家は自分で安い土地を探し出し、値段交渉し購入し、建築のための職人を探し出し、アパートを建てる。

 

出口までで考えると、カモネギ投資家とセミプロ投資家のキャッシュフロー総額は6倍近く変わるというので驚きです。

 

村上俊介さんの本を読んで、土地から新築を狙う方針に切り替えました

 

売却で資産を築く! 黄金の不動産投資 村上俊介 著

 

「首都圏で資産を築く!王道の不動産投資」の続編です。より具体的な実践方法が記載されています。

 

物件購入を考えてから3ヶ月間は、仲介業者を巡り、物件を見る目を養う事に集中し、物件を購入しない事を推奨しています。これは不動産投資を始めた人、ほぼすべての人が罹るだろう「買いたい病」の特効薬となります。

 

また、何よりも、本当にこの本の通りだと思い、今も感じているのが

 

大量行動の重要性

 

です。不動産業界はクローズドな業界のため、足を動かし、仲介業者や銀行回りをする事で、相場観と決断力を養い、人脈形成をする事で、セミプロ投資家に成長していく、と本では書かれています。

 

行動する事の見返りは非常に大きいです。1に行動、2に行動です。

 

家賃について考えてみたら、収益を上げる方法が見えてきた。 亀田征吾 著

まさに良書です。賃料設定の専門書といっても過言ではないです。

 

1章、2章は導入となりますが、目から鱗が出始めるのは3章からです。

 

2つの間取りを紹介し、どちらか選ばれる物件かを選択式で質問し、答え合わせのページで良い間取り、悪い間取りの理由を解説するという、読み手にとっても読みやすく理解しやすい流れで書かれています。

 

また、4章からは設備仕様や間取りの違いで、具体的に賃料がどれだけ変わってくるか数値化して説明してくれています。

 

基準の物件(築年数、間取り、設備仕様)を元にして、自分の物件のプラスの要素(賃料アップ)マイナスの要素(賃料ダウン)を比較する事で、適正家賃を導く事ができると説いています。

 

こちらの本について、詳しく書いた記事はこちらとなります。