一度きりの人生、すこーし欲をかいてみる~サラリーマン不動産投資ブログ~

家庭持ち30代後半サラリーマンが不動産投資で一度きりの人生、家庭に迷惑をかけないように少しだけ欲をかいてみる実践ブログ

不動産投資体験記~登場人物~

不動産投資体験記をブログにつづってきましたが、登場人物が多くなってきたので、こちらで整理して紹介します。

 

全般

黒神

f:id:minetiru:20171231221044p:plain

不動産体験記に度々登場する黒神様。実在性を怪しむ声も聞こえてきますが、黒神様は実在します(笑)。

 

借地非訟物件に手を出したりしながら、土地から新築を中心に数々の10%を越える物件を生み出しておられます。2018年3月には利回り12.5%の新築アパートを竣工予定です(私も竣工中の物件を見学させて頂きました)

 

大家仲間はおらず、セミナーも出ず、ネットの情報だけで独力で土地から新築を成し遂げた孤高の神。卓越した幅広い不動産知識をお持ちです。

 

黒神様は賃貸経営系のブログを読むのが趣味で、ブログを巡回していく中で、私のブログを見つけ、属性や年齢も近そうで、ブログの内容から試行錯誤しており勉強熱心、将来の大家仲間として見込みがありそう、という事でお声かけをいただきました。それ以後、日々、貴重なアドバイスも頂いています。

 

新築建売アパートを諦め、土地から新築の進め方がわからず、右往左往している時に救いの手を伸ばして頂きました。まさに神です。そんな黒神様との出会いの記事は以下となります。

 

www.ichiyoku.net

 

築浅・新築建売アパート検討編

同郷業者さん

築古物件の資料請求をした後に事務所に出会いに行った業者さんです。ちょうど築古物件のデットクロス現象に気付き、どのような物件を買えば良いのかわからない時に、築浅物件を進めてくれた業者さんです。私と同郷(九州出身)なので心を許していましたが、横浜名物の狭小木造アパートをお薦めされた事で、全ての仲介業者を疑ってかかるようになりました(笑)

 

そんな同郷業者さんとの出会いの記事は以下となります。

 

www.ichiyoku.net

 

草食業者さん

楽待で出てた新築木造アパートをきっかけに出会った業者さん。同郷業者さんが薦めてきた狭小アパートの危険性を教えてくれました。その時の記事が以下になります。

 

www.ichiyoku.net

 

積極的な営業は好まず、時間をかけてでも納得した物件を買う事をお薦めしてくれる草食系の業者さんでした。今でもメルマガとちょくちょく提案メールがきます。

 

ソムリエ業者さん

元ソムリエのベテラン感溢れる仲介業者さんです。ハーミットクラブハウスと深い繋がりがあり、新築建売といえど、ある程度の交渉ができそうな雰囲気を醸し出しており頼りがいはありそうな方でした。

 

「家売るオンナ」仕込み?の演技派の仲介さんで、さも、自分がドラマの中にいるような錯覚に陥る楽しい仲介業者さんでした。

 

www.ichiyoku.net

 

土地から新築編

ラガー業者さん

f:id:minetiru:20171223011857p:plain

始めての土地から新築プロジェクトである●蓮寺プロジェクトの仲介業者さん。私が苦手な圧の強いタイプの業者さんでしたが、擁壁やり直しのヒントを小出しにしてくれた人情味溢れる仲介業者さんでした。最後は「買わないで下さい」と同義の言葉で私の擁壁やり直しの認識の甘さを指摘してくれました。

 

ラガー業者さんと初対面した時の記事は以下となります。

www.ichiyoku.net

建設会社社長Kさん 

f:id:minetiru:20171223011653p:plain

黒神様からの紹介で●連寺プロジェクトで始めて建築プランと建築費見積もりをしてくれた建設会社の社長のKさん。社長だけあって裁量があり、フットワークが軽いです。

 

急ぎ、ボリュームが入るかどうかをチェックしたい時に頼ると3つの建築事務所に同時にプラン依頼し、一番はやいプランの情報を提供してくれたりします。見積もりも1割~2割の値下げ交渉は可能です。

 

投資家に優しく、口調も穏やかで丁寧なため今でも頼れる存在です。

 

●バブル斎藤さん

f:id:minetiru:20171223011758p:plain

老け顔24歳の大手仲介会社の営業マンです。私の自宅のすぐ近くに支店で働いています。

 

老けて見えますが若いだけあり、まだまだ社会人としての基礎スキルが低く、やる気がないともとれる発言や、客づきあいをライブのコールアンドレスポンスの感覚でやられているビックリ営業マンでした。営業マンは中堅層が良い事を実感させてくれた方です。

 

そんな斎藤さんとの物件見学道中は以下の記事となります。

 

www.ichiyoku.net

 

最終的には連絡が途絶え、今だに自宅に届く広告で一方的な再会をし続けています(^^)